2007年5月26・27日 無農薬米生産者 長野の荻原さんのところへお邪魔しました。

左がお父さん、真ん中が私、
右が息子さんの昌真さん。
無農薬米は息子さんの代
から始められました。
左が荻原さんの無農薬の
田んぼ。違いが分かり
ますか?カブトエビが
たくさん泳いでいるから
濁って波があります
そのカブトエビ。今はまだ
小さかったのですが、成長
すると親指ぐらいになります。
アマガエルも発見。他にも
アメンボやゲンゴロウが
たくさんいました。
直播きの田んぼの前で。
長野県内でも直播きを
する方はほとんどいない
そうです
田んぼを前に熱く語る
荻原さん。何度も聞いたのが
「百姓は楽しいよー。」という
言葉。
話し出すと止まりません。
1つ聞くと10倍くらい返って
きます。なかなかこれだけ
話の出来る人はいません。
いざ田植え開始。少しですが
手植えをさせて頂きました。
きちんと植えたつもりでも
歪んでしまいます。お父さん
から「草取りも来てよー。」
の一言。
直播きでない苗はビニール
ハウスで大事に育てます。
これも手作りだそうです。
有機肥料を前に説明を
聞いています。信州だけに
りんごジュースの絞りかすを
入れたりもしています。
巨大な低温倉庫。お米に
とって最適な温度と湿度に
調整されています。
出荷する分だけ玄米にして
保管する分は低温倉庫で
モミ保存。国内でもここまで
する方は少ないはずです。
低温倉庫の中での説明。
モミ保存して、その後
玄米で検査受けをするので
産年の翌年の消印のものも。
見えない所もこだわる。それ
が荻原さん流。保管状態も
最高でした。
農業機械の倉庫。ウン百万円
やウン千万円の機械もある
とか。すごいですね。
8条植えの大きな田植え機に
乗せて頂きました。
後で除草機をかけるので
きれいに植えないといけ
ません。
苗を補充する様子。 田植え&見学に一緒に
参加した皆さんと。

   

荻原さんの農薬不使用
こしひかり
こんなお米です

田んぼにはもちろん、苗箱にも種もみの消毒にも
農薬は一切使っていません。田んぼの水を通常より
深くして、出来るだけ雑草を抑える工夫をしています。
それでも生えてくる雑草は、手でとります。

「量より質」の考え方で追肥はしていません。
その分収量は落ちますが、美味しいお米が出来るの
です。実店舗「根っこや」でも不動の1番人気
もちもちした食感が人気の秘密です。
栽培圃場 長野県東御市
生産者 荻原昌真
農薬  不使用
肥料 有機質肥料100%使用

実店舗 根っこやの場所
国道25号線沿いですので比較的分かりやすいと思います。
柏原郵便局のすこし南にございます。隣が雅ホール。
こちらの看板のほうが目立ちます。^^
根っこやの写真

お米調味料調味油雑穀お茶ジュース乾物生活用品

今月の新商品トップペ−ジに戻る